FC2ブログ

経団連が発表した速報値によると、冬のボーナスの伸び率が5%なのだとか。大手企業だけだと思いますけど。
私はボーナスなしなのでなんともいえませんが、これが福袋購入に結び付くとみて各百貨店では高額商品の開発に余念がない模様。

13日、経団連に加盟する企業の冬のボーナスの速報値が発表されました平均で5%以上の増加となり、バブル期以来の高い伸びとなっています。そして、消費者の購買意欲にも期待してか、福袋商戦が早くも本格化しています。
急な寒波に見舞われている日本列島。13日も冷え込みの厳しい一日となりました。寒いといえば、引き合いに出されるのが、お父さんたちの「懐」ですが、今年は・・・。

「今週から寒くなって、寒い冬は景気がよくなると聞いている。(ボーナスUP)大いに期待している」(輸入業)

経団連がまとめた第1回の集計によりますと、大手企業のこの冬のボーナスは平均で82万2121円と去年より5.79%増えました。これはバブル期の1990年以来、23年ぶりの高い伸び率です。製造業を中心に業績が回復したことが、ボーナスに反映されたとみられています。

「去年、一昨年低く抑えられていた。やっと戻ってきた感じ」(IT関係で働いている人)

こうした中、正月の風物詩にも影響が・・・。大企業のこの冬のボーナスが上がるという見通しがある中で、福袋のお披露目会が開かれています。なんと1億円の超豪華福袋も準備されています。三越・伊勢丹では、なんと新築一戸建てを福袋に。完成までのドキュメンタリームービーがついて、お値段1億円。そのほか、今年、世界遺産になった富士山の大判223万円など、超豪華な福袋から、人力車に乗って日本橋界隈を巡る体験型のものなど、様々な福袋が用意されています。

「1年の商売を占うので、新春の期待に応えられる形」(三越伊勢丹ホールディングス 水藤朋実福袋企画担当)

一方、松屋銀座では「世相」を反映させたこんな福袋が登場。毛皮やレザーコート、カシミヤのニットジャケットなど、高額婦人服5点、総額88万円相当を8万8800円。まさに10倍返しの福袋です。

さらに・・・。
クールビズ用の半そでシャツなど、来年4月の消費税の増税を前に夏服の買いだめしておく福袋など、今年の流行語にちなんだ商品が勢ぞろい。

ボーナスの使いみちは、「海外旅行」という声も多いです。
「正月に旅行する。(ボーナスが)増える前提で旅行を決めた」(輸入業)

楽天トラベルによりますと、今年の年末年始の海外旅行の予約は、9連休となる日並びの良さもあいまって、前年比で88.8%プラスと大きく伸びています。

安倍総理が狙う「企業業績の向上」から「賃金アップ」。そして「消費拡大」という景気の前向きな動き。ただ、今回の冬のボーナスを業種別に見ますと、「自動車」や「セメント」で高い伸び率となった一方、「紙・パルプ」など6つの業種はマイナスになるなど、アベノミクスの恩恵はまだ限られた範囲に留まっているとも言えそうです。

 Q.家族はボーナス期待してる
 「プレッシャー感じますね」(男性)
 「口座は妻が持っているので、私が知る前に銀行口座を見ている」(男性)

日本の未来は明るいのでしょうか?

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2053950.html



私は一般庶民ですので、景気がいい景気が良くなってきていると言っているのは、テレビやメディアの中だけだと思っています。日本の未来は明るいのかどうかは誰にもわかりませんね(笑)

ただ、気分的は明るくなってきているのはいいことだと思います。
関連記事
まろにぃー
Posted byまろにぃー

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。